名南:プレス&ポーセレンファーネス「バリオプレス300.e」

ラインナップ

 

プレス&ポーセレンファーネス
バリオプレス300.e

マテリアルに適したプレスをすることで、より短時間に、審美的な焼成を可能としたプレス&ポーセレンファーネス。特許技術でもある「アドバンスドプレス」機能により、従来のプレスではどうしても防ぎきれなかった反応層の発生を防ぎ、審美的な焼成が可能となりました。
高度なプレス機能だけでなく、ポーセレンファーネスとしても「Z-Dryシステム」や高品質なチャンバーにより、高品質な焼成を実現しています。

 

 

【付属バキュームポンプ】

 

生産国 付属品
ドイツ バキュームポンプ

製品の特徴

特徴@:アドバンスドプレス

 

一般的なプレスファーネスでのプレスを実施する際、リングの内部と外部で、実はかなりの温度差が発生しています。リングのサイズや埋没材の熱伝導率にもよりますが、30℃〜50℃近い違いが発生していると言われています。これがプレス結果のばらつきの原因となります。
アドバンスドプレス(特許)では、マテリアル毎に登録されているプログラムに従い、まず高温でリングを加熱します。これにより、リングの外側はプレスセラミック材料が必要とする温度より高くなりますが、プレスセラミック材料が接しているリングの中央部はまだ低い状態となります。プログラムに従い一定時間加熱を続け、一定時間が経過すると自動的にヒーティングエレメンツをOFFにします。熱伝導が行われ、リングの外側と内側の温度が均一になったベストのタイミングでプレスを実施します。
このアドバンスドプレスにより、プレスセラミック材料に過度な加熱による負担をかけることなく、理想的な環境下でプレスを実施できます。このため、反応層等の発生が最小限に抑えられ、審美的な焼成が可能となるのです。

 

特徴A:高品質ヒーティングユニット

良質な焼成結果につながるポイントの一つが、チャンバー内部の熱環境にあります。バリオプレスはパワフルで高品質な熱線コイルを採用。熱線コイルの隅々まで熱が行き渡り、リングを均一に加熱します。

 

また、少し高さを持つように設計された焼成テーブルが、リングの下部から熱が逃げるのを防ぎます。

 

特徴B:プレスセンサー搭載

バリオプレスならプログラム毎にプレス圧(High/Low)を設定可能ですので、プレスセラミック材料にあわせたプレスが可能です。

 

プランジャーの滑らかな稼働が、スムーズなプレスを提供します。バリオプレスの精密なプレスタイムメジャーメントがより確実なプレスを可能とし、またプレス時間の短縮化にもつながっています。

 

特徴C:ソフトウェアアップデート

将来、革新的なプレスセラミック材料が発売されても、バリオプレスならソフトウェアを更新することで素早く対応することができます。
独ザブラー社はハードウェアとソフトウェアを共に社内開発していますので、一貫性のあるソリューションが提供可能です。

 

特徴D:ポーセレンファーネスとしても完成度が高い

プレスだけでなく、ポーセレンファーネスとしても高い完成度を持つのがバリオプレス300.eです。
ファーネス内部の温度と焼成テーブルの位置を瞬時に計測し、リフトの位置を自動調整するスマートドライが可能な「Z-Dryシステム」を搭載。これにより、均一な温度での事前乾燥や、焼成後の冷却行程を、陶材に合わせた温度で実施します。また、このZ-Dryシステムにより、焼成開始温度により早く到達できることから、待ち時間の短縮化も実現されています。

 

アクセサリ

フレックスリング

適度な柔らかさで使いやすいフレックスタイプのリングです。

 

プランジャー(50本入)

アドバンスドプレスの効果を最大化するため、プレス時に埋没材を冷やさない使い捨てのフランジャーです。

スペック

■バリオプレス300.e 本体

  スペック
サイズ W 360mm×D430mm×H765mm
重量 26kg
使用電圧 100V (50/60Hz)
最大消費電力 最大14A(ポンプ込)
ディスプレイ W 120mm× H90mm (320×240ドット)
最高焼成温度 1,200℃
プログラムメモリー数 500
プレス圧 High (4.5bar) / Low (3.0bar)
リングサイズ 100g / 200g

 

■付属バキュームポンプ

  スペック
サイズ W 320mm×D186mm×H275mm
重量 12kg
使用電圧 100V (50/60Hz)
最大消費電力 3.5A
最大吸引力 985mbar

 

関連リンク

一般医療機器医療器届出番号:23B2X10023000203


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 会社概要 展示会・学会 サポート お問い合わせ