名南:技工用溶接機「マスターレーザー」

ラインナップ

マスター100

マスター3D

技工用レーザー溶接機としての「見やすさ」と「使いやすさ」を徹底的に追求した、技工用製レーザー溶接器。技工用レーザーとしては申し分のないパワーと冷却機能を搭載。溶接不足やオーバーヒートといったストレスがありません。また、こちらのモデルはカメラを標準搭載しており、お手持ちのパソコンで溶接画像をモニター出力できます。

 

人気のマスター100の高機能はそのままに、さらに見やすさを追求した3Dビューイングシステムを採用しました。双眼レンズが苦手な方や、メガネを使用される方にお勧めのモデルです。

※Webカメラは搭載しておりません。

 

製品の特徴

特徴@:Webカメラを標準搭載※マスター100のみ

溶接シーンを捉えるWebカメラを標準搭載しました。お手持ちのパソコン(Win/Mac)に繋げるだけで、撮影・録画はもちろん、Skypeを使った遠隔コミュニケーションが可能です。情報の共有やドクターへのプレゼンに最適です。(※マスター3DにはWebカメラは搭載されておりません。)

 

特徴A:タッチパネルを採用

より直感的な操作ができる「タッチパネル」を採用!実際のレーザー作業では、パワーや溶接径など様々なパラメーターを頻繁に変更しますが、これらの動作を素早く実施できます。また、よく使うパラメーターは99メモリまで登録可能です。

 

特徴B:ハイパワー&大きな冷却タンクを搭載

どれだけ使いやすくても、技工用溶接機としてパワーが足りなかったり、すぐオーバーヒートしてしまってはいけません。技工用溶接としては、少し余力をもった60ジュールのハイパワーを実現。最大出力も5.0KWを提供し、溶接不足を感じることはありません。また、5.0リットルの大きな冷却タンク内蔵で、最大30連射/秒で発射し続けても、まずオーバーヒートの心配はありません。

 

特徴C:レーザーポインター内蔵

レーザーポインター機能を搭載。レーザーの照射距離を正確につかむことができます。設定画面でON/OFF切替えも可能です。

 

スペック

 

マスター100

マスター3D

本体寸法 W470×D680×H500mm W470×D680×H630mm
重量 33s 33s
電源 AC100V 50/60Hz AC100V 50/60Hz
レーザー種類 Nd:YAG Nd:YAG
YAG波長 1,064nm 1,064nm
最大平均出力 75W 75W
最大パルス出力 5.0kw 5.0kw
パルスエネルギー 60ジュール 60ジュール
パルス幅 0.1〜12ms 0.1〜12ms
パルス周波数 0.5〜30Hz 0.5〜30Hz
スポット径 0.2〜2.0o 0.2〜2.0o
パルス波形制御 6種類 6種類
メモリ数 99 99
スコープ部 ライカ社製 10x 3D LynxVision
冷却水容量 5.0リットル 5.0リットル
内臓カメラ 標準搭載 -

関連リンク

一般医療機器医療器届出番号:23B2X10023000196(マスター 3D)
一般医療機器医療器届出番号:23B2X10023000182(マスター 100)


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 会社概要 展示会・学会 サポート お問い合わせ