名南:窒素充填光重合器「オトフラッシュG171」

オトフラッシュG171

窒素充填光重合器

重合を妨げる「酸素」をチャンバー内から追い出します。
強力なUVフラッシュランプで効率よく重合します。

製品の特徴

重合時間の短縮

重合のピークが400〜500nm。
高出力フラッシュで、短時間の重合で効率よく硬化を進めます。

<オトフラッシュG171の波長>

オトフラッシュG171は3Dプリンター樹脂を使用される400ミクロン前後にピークが来るように設計されています。

 

窒素充填での光重合

窒素注入モード対応。
チャンバー内を一気に酸欠状態にし、表層の末重合層も確実に処理します。

 

光重合の邪魔をする空気中の「酸素」。
窒素充填でチャンバー内の酸素を追い出した状態で光重合を行うことで、より確実な重合を実現します。
窒素の消費を効率よく行うため、予備ガス充填(30秒)後、フラッシュを開始してから60秒後に自動的に注入をストップするモードがあります。

3Dプリンター樹脂の重合時間の目安は約4000フラッシュ(2000フラッシュ×2回(上下交換))。
予備注入時間を入れても460秒(7分40秒)で末重合層のない、表面サラサラの確実な重合が可能です。

 

スペック

 

オトフラッシュG171

チャンバーサイズ

120×120×50o

スキャン精度

フラッシュランプ(100W)×2

電源

100V(50/60 Hz)

パワー入力

250W

平均消費電力

200W

波長

280〜700nm(ピーク400〜500nm)

フラッシュ速度

10フラッシュ/秒

デジタルタイマー

1〜9,999フラッシュ

サイズ

310×310×140nm

重量

6s

 

※窒素ガス専用レギュレーター付
※窒素ガスを別途ご用意ください。

 

関連リンク

一般医療機器医療器届出番号:23B2X10023000346


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 会社概要 展示会・学会 サポート お問い合わせ